Top > サービス > 廃止等

利用終了時の廃止・移管手続きについて

DNSホスティングについて

DNSホスティングサービスに登録しているドメインを廃止する、または独自サーバ等に移管する場合の手続きは以下の通りです。

情報基盤センターDNSホスティング担当のメールアドレス・内線番号・学内便送付先は問い合わせのページでご確認下さい。


廃止手続き手順(○申請者側作業、●センター側作業)

廃止ドメインの例: xxx.yyy.u-tokyo.ac.jp
  • ○上位ドメイン(例: yyy.u-tokyo.ac.jp)の管理者に、廃止手続きをするドメインへの設定変更を依頼してください。
    • ドメイン移管の場合は、あらかじめ xxx.yyy.u-tokyo.ac.jp ドメインを移管先に設定し、その後 NS レコードを移管先サーバに設定変更していただくよう依頼してください。
    • 廃止のみの場合は、xxx.yyy.u-tokyo.ac.jp ドメインのDNSホスティングサーバへの委任設定削除を依頼してください
  • ○dns.ecc.u-tokyo.ac.jp 及び dns101.ecc.u-tokyo.ac.jp をDNS参照サーバに設定している端末がある場合、その他の適当なサーバに設定を変更してください。
  • 上記が完了した時点で、DNSホスティングサーバを参照サーバにしている端末を除き、移管の場合は移管先が有効になり、廃止の場合はネットワーク上で xxx.yyy.u-tokyo.ac.jp が無効になります。(TTLによる時間差はあります。)
  • ○センターにDNSホスティングの廃止申請書を提出してください。申請書は「資料」のページからダウンロードして下さい。
  • ●現在DNSホスティングサーバ上で有効なドメインであるかどうかを確認の後、登録されている各担当者宛に削除作業了解の確認をメールで行います。
  • ○上記確認メールに、作業を了解する旨の返信を dh-support@ecc.u-tokyo.ac.jp 宛にお願いします。このメールがセンターに届くまではドメイン削除作業は行われません。
  • ●作業了解のメールを受信後、ドメインの削除作業を行い、完了後に終了のメールを各担当者宛に送信します。

東京大学情報基盤センター/情報メディア教育部門/DNSホスティング
dh-support [at] ecc.u-tokyo.ac.jp