Top > サービス > 運用

運用に必要な作業

DNSホスティングについて


DNSサーバ交代の際の注意点

  • 対象となるドメインの新しいDNSサーバの情報がインターネット全域で有効となるまでのタイムラグがあり,しばらくは旧サーバへ問い合わせが来る可能性があります。数日間は旧サーバを稼働させておくほうが安全です。
  •  
  • 移行後数日間のうちにデータの更新が必要となった場合、前項と同じ理由で、新旧両方のサーバに更新を施すほうが安全です。(日常的に更新が必要なDNSサーバでなく,かつ近い将来の更新の予定が無ければ,こちらの項目は無視してかまいません)

サーバへのアクセス

レコードの登録(Aレコードの場合)

  • 画面上部、『Data Management』を選択、下部にタブが出るので『DNS』を選択し、ドメインを選択する。

  • 画面右側の十字マークを選択し、Recordにカーソルを載せると、レコードの種類が出てくるので選択する。

  • 『Add A Record > Step 1 of 2』で、『Name』はホスト名を、『IP Address』はIPアドレスを入力する。『comment』は必要に応じて入力する。『Create associated PTR record』のチェックボックスは逆引きが必要なければ外す。右下の『Save & Close』を押す。
  • 左上の『Restart』ボタンを押す。


東京大学情報基盤センター/情報メディア教育部門/DNSホスティング
dh-support [at] ecc.u-tokyo.ac.jp