Top > 資料

東京大学情報基盤センター学内組織向けDNSサーバ環境運用ポリシー

資料 (規則・申請書)

更新: 2011年01月26日
作成: 2011年01月18日

東京大学情報基盤センター学内組織向けDNSサーバ環境運用ポリシー


平成22年10月 8日制定

(趣旨)
この運用ポリシーは、東京大学情報基盤センター(以下「センター」という。) が運用・管理する学内組織向けDNSサーバ環境(以下「DNSホスティング」とい う。)の運用について必要な事項を定めることを目的とする。

(システムの運用・管理)
DNSホスティングを構成する機器(以下「サーバ」という。)に各2台以上の 冗長構成とし、システムの安定稼働に努める。

(システムのバックアップ)
システムおよび利用者の設定情報を定期的に保存する。バックアップは原則とし てシステム障害時など、すべての設定情報を一括して復旧する場合のみ利用する。

(セキュリティの保持)
サービス機器にセキュリティホールが見つかった場合は,可及的速やかにパッチ を当てるなどの防御策を取り、セキュリティに配慮してシステムを運用する。

(ログの収集、利用)
利用者によるDNSホスティングサービスの操作と、管理者によるサービス機器の 操作に関して、一定期間ログを保存する。

(利用者対応)
センターの利用者対応は窓口、電話、電子メールいずれも、東京大学教職員勤務 時間、休暇等規則第9条に規定する休日を除く日の午前9時から午後5時ま で、(以下「勤務時間内」という。)とする。

(サービスの復旧)
サービス機器の故障等でやむを得ずDNSホスティングサービスが停止した場合は 速やかに復旧するように努める。対応は勤務時間内とする。

平成22年10月8日制定(第37回情報メディア教育専門委員会にて承認)


東京大学情報基盤センター/情報メディア教育部門/DNSホスティング
dh-support [at] ecc.u-tokyo.ac.jp